忍者ブログ
ゲームプレイ日記を書きつつ、皆様のご機嫌をうかがったり、自己満足に浸ったりするというコンセプト。更新をやめて放置プレイ中。
[275]  [274]  [273]  [272]  [271]  [270]  [269]  [268]  [267]  [266]  [265
色々とデータがたまって行く間に、どんどんブログに書き起こしていきます。

動画データも大分溜まって来てしまったな。

そして迷宮クロスブラッド…先に進めない…くやしいっ!

ではでは、どきどき魔女神判!ゲームの続きをしたいと思います。


【3日目】

さぁ。いよいよアクジの記憶を本格的に取り戻しに行きましょう!

まずは体育館です。


安倍マリア

マリア:「遅いじゃない!いつまで待たせる気よ!」

西村アクジ

アクジ:「ちょっと待て、お前と何か約束してたか?」

マリア:「言ったでしょ?絶対あんたの記憶を元に戻すって。だから、ここで待ってたの。」



体育館でマリアが記憶を取り戻すためにいた理由…。それは…。


アクジ:「…ここが魔女と因縁のある場所ってことか…?」

天使ルル

ルル:「そうですよー。ここは魔女との決戦の地。この場所にちなんだ魔女にも来ていただいているですよー。」



まぁ、皆さんはもう誰かおわかりですよね。


アクジ:「そうか…俺はここで魔女との死闘を…。」

小田れんげ

れんげ:「おひさしぶりなのですよ。」

アクジ:「って、れんげかよ!じゃあ死闘は気のせいか…。」

れんげ:「ねおぽけくんはどうやら元気がないようなのです。ミニゲームが作れないですかに?」



でたー、ねおぽけくん。久しぶりに聞いたよ。


アクジ:「ちょっと待て!よくわからんが、その呼ばれ方には異様に抵抗があるぞ…?」

ルル:「ねおぽけなんてよくある名前ですよ?」

アクジ:「ねぇよ!」

れんげ:「では仮にあーたんとしましょう。」



仮にって…いつもアンタはそう呼んでるだろう!?


マリア:「とにかく場所と人は揃えたから、あとはあんた次第。いい?ちゃんと努力しなさいよ!」

れんげ:「うみゅ?れんげどんはここでなにをすればいいのですか?」

ルル:「このゲーオタではちょっと不安ですが…シモベとの思い出を語るのですよ!」



成程、そういうやり方ね。


アクジ:「こいつ本当に魔女なのか?そもそも、ゲーム以外の記憶があるとも思えないんだけれどな…。」

れんげ:「うに?そんなことないのです。あーたんとの思い出ならいっぱいあるのですよ!このゲームを買ってくれたこととか…。」

アクジ:「オイ!それはやってねえよ!」

れんげ:「でも、あーたんの家に大切そうに置いてあったのですよ?」

アクジ:「…待てよ?俺はなんでそんなゲームを持ってるんだ?」



紡ぐんだ…記憶の糸を…少しずつ…少しずつ…。


アクジ:「…そうだ……れんげを捕まえるため…だ。確かれんげの、正体を調べるため…だな?」

れんげ:「正体ですかに…?アイム・ノット・ボーイ。れんげどんは別に、男の子だったりはしないのですよ?」



んなこと見ればわかるっつーの!


アクジ:「そうだ…れんげ…お前は…魔女だ!魔女だろうが!」

マリア:「魔女って言ったわ!」

ルル:「シモベのつっこみは癖みたいなものですからねー。」



とりあえず、れんげとの記憶をゲット。


れんげ:「れんげどんも、魔女だということを思い出した気がするのですよ!」

マリア:「ね?それじゃ、私の事はどう?」

アクジ:「お前は最初から魔女じゃないだろうが!」

マリア:「なによ!?…まぁ、いいわ。不本意だけど、今回は認めてあげる。」

ルル:「思ったより単純でしたねー。この調子で、どんどん記憶を戻しにいくですよー。」



マリアは疲れたと言い残し帰ってしまいます。彼女はこの件では功労者なのでゆっくり休んでもらいましょう。

仕方が無いので、れんげルルを連れて次の目的地に向かいましょう。


御堂あやめ

あやめ:「…キミたちか。そろそろ来るころだと思っていたよ。」


神社にはあやめがスタンバっています。


あやめ:「赤井にも協力を頼まれてな。」

アクジ:「まほに?」

れんげ:「そういえば、れんげどんのとこにも来たのですよ?」

あやめ:「…キミが望んだ時には、力を貸して欲しいとのいうことだ。」

アクジ:「そうか…知らなかったな…。」

あやめ:「まぁいい。わざわざ来たと言う事は、記憶を取り戻す気になったということなのだろう?」

アクジ:「まぁな。悪いけど、力を貸して貰えないか?」



さて、あやめの時はどうだったでしょうか。

最初の異変はれんげの靴箱が開かなくなった事でした。それからメイド喫茶でまさかの対面…。


あやめ:「嫌な事ばかり覚えているな。」

アクジ:「あの時、あやめは本を読んでいたよな?」

れんげ:「そうなのです。れんげどんも、覚えているのですよ!」

アクジ:「あれ?お前その時いたっけ?」

れんげ:「みゅ?ではしらんのです。」



ズコー!


アクジ:「思い出せ…確かあの本のタイトルは…。」

あやめ:「そ、その話はするな!」

アクジ:「サクラ姫と8つの桃だっ!!!…悪い…俺も力説して恥ずかしくなってきた…。」

あやめ:「本の話はもうするな!…それよりそこでもっと重要な証拠を見つけたのではなかったか?」



そうです。あやめのお守りには中身がなかったのです。魔女はお守りを付けると、まともに魔法が使えなくなります。ちゃんと設定を覚えていますか?


アクジ:「そうそう!ルルのヤツが無理矢理引きちぎったり、バッグの中も調べようとしたんだ。」

あやめ:「…ほぅ?それは後でゆっくり詳しく聞かせてもらおうか?」



なぜがルルが被弾。


アクジ:「あやめの力は確か巫力。」

あやめ:「…どうやら、あたしのことは思い出せたようだな。」

アクジ:「まぁ、前もってあやめの写真も見ていたしな。」

あやめ:「あ、あたしの写真?」

アクジ:「ああ、あやめの巫女姿とメイド…」

あやめ:「待て!それ以上は口にするな!…そうか、あの写真。キミは、まだ持っていたのか…ふふっ。」



あやめはまんざらでもないご様子。

ここで、れんげあやめ選手交代を行います。


アクジ:「ゆーまとの思い出の場所か…。」

ルル:「根性で思い出すのですよー!」



保健室屋上じゃね?

…というのは冗談で、商店街へ向かいましょう。


アクジ:「この場所…なんだか見覚えがあるな。」

あやめ:「…こんな人気のない場所に何の用があるのだ?」

ルル:「なるほど!ほれ、ルル様たちは後ろを向いていますからさっさと済ますですよー。」

アクジ:「お前はなんか勘違いをしている。」

望月ゆーま

ゆーま:「西村さん。必ず来ると思っていました。」



唐突に現れるゆーま


アクジ:「ゆーま…お前はなんでこんな所に…?」

ゆーま:「信じていましたから。西村さんなら、必ずここに来るって。…そう思ったのは、ボクだけじゃないみたいですけど。そして西村さんはボクの期待に応えてくれました。今度はボクの番です。」

あやめ:「ふむ、望月も協力してくれるというわけだな。」

アクジ:「話が早くて助かる。確か、ゆーまも魔女だったんだよな?」

ルル:「いえいえ。この場合、魔男ではないでしょうか?」

ゆーま:「そういう言い方はちょっと。」



あ、一応言われ方気にしてたんだ。


あやめ:「…正確には魔女ではないな。そこから先を思い出すのがキミの仕事だ。」

アクジ:「ゆーまの正体…。」



まずこの商店街で、ゆーまの生徒手帳を拾った事がすべてのはじまりでした。そしてそのきっかけは、オカルト番長が持ち込んだUMAの記事でした。


アクジ:「ゆーまの正体…それは…フライング・ヒューマノイドだ!」

あやめ:「え?」

ゆーま:「…西村さん。もしかしてわざと言ってませんか?」

アクジ:「バレたか。あやめ、そんなに怒るなよ。」

あやめ:「あたしがどれだけ心配を!いや…もういい…!…とにかくキミの冗談は笑えない。」

ルル:「まぁまぁ、狼男も、フライング・ヒューマノイドも似たようなものですよー。」



いやいやいや…またまたご冗談を…。


あやめ:「まぁ、キミも冗談が言えるのだから、心配の必要はあるまい?」

ゆーま:「そういえば結局、記憶喪失の原因は何だったんでしょうか?」

アクジ:「さぁな。ただ、誰かに呼び出された気がするな…。」

あやめ:「…すると、キミの記憶喪失は誰かが仕組んだものになるぞ?」

アクジ:「それも記憶が戻れはわかるだろ?犯人探しはとりあえず後まわしだ。」



さて、残るはまほメリーになります。



【今日も迷宮を往く どきどき魔女神判! カテゴリー】

次の記事 : どきどき魔女神判! 38タッチ目 「感謝の言葉は言えるかい」
前の記事 : どきどき魔女神判! 36タッチ目 「封印されし者」
初回記事 : どきどき魔女神判! 1タッチ目 「町の平和と正義のために」

©SNK PLAYMORE

拍手[6回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ごあいさつ
今日も迷宮を往くへようこそ☆
初めての方はこのブログについてをご覧ください。

もしよければブックマークしていただけますと光栄です。
Web拍手もクリックしていただけるととても嬉しいです。

相互リンク募集中です。詳しくは、このブログについて
もしくは相互リンクについてをご覧ください。


【現在プレイ中のゲーム】
 ・ ドラゴンクエスト10
 ・ KOWLOON'S GATE -九龍風水傳-

 ・ 時の継承者 ファンタシースターⅢ (休止中)


【プレイが終了したゲーム】
 ・ 熱闘!パワフル甲子園
 ・ 邪聖剣ネクロマンサー NIGHTMARE REBORN
 ・ ぷよぷよ!
 ・ PORTAL 2
 ・ 極限脱出 9時間9人9の扉
 ・ どきどき魔女神判!
 ・ 光の4戦士
 ・ GOLDENEYE OO7
 ・ inFAMOUS 2
 ・ イケニエノヨル
 ・ 聖闘士星矢戦記
 ・ あやかしがたり
 ・ NEVER DEAD
 ・ MYSTIC QUEST
 ・ マージャン★ドリームクラブ
 ・ ロストヒーローズ
 ・ LOLLIPOP CHAINSAW
 ・ STREETFIGHTER X MEGAMAN
 ・ GHOST TRICK
 ・ 迷宮クロスブラッド
 ・ 真・三國無双7
 ・ ブレスオブファイアⅢ
 ・ ファンタシースター
 ・ どきどき魔女神判2(DUO)
 ・ R?MJ -THE MYSTERY HOSPITAL-
 ・ 零 眞紅の蝶
 ・ ファンタシースターⅡ 還らざる時の終わりに
 ・ 実況パワフルプロ野球2013
 ・ ネクロネシア
 ・ 厄痛 ~呪いのゲーム~
 ・ 快速天使
 ・ THE WITCHER2 王の暗殺者
 ・ おさわり探偵 小沢里奈3 ライジング
 ・ スポア キミがつくるヒーロー
 ・ The Path
 ・ ライトクルセイダー
 ・ MURDERED 魂の呼ぶ声
 ・ DARKSIDERS ~ 審判の時 ~
 ・ ロストヒーローズ2 (無期限凍結)
 ・ ファイアーエムブレム 蒼炎の軌跡
 ・ Neverending Nightmares
 ・ ルナティックドーン 前途への道標
 ・ Child of Light
プロフィール
HN:
SNG(Polly_Sienko)
性別:
男性
自己紹介:
とにかくゲームが好きなおっさんです。ジャンルは基本的に問いません。何でもやります。一緒にゲームの話題について盛り上がりましょう。

【管理人へのお問い合わせはこちらから】
相互リンク 受付中でございます。


カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
アーカイブ

カテゴリー
ブログ内検索
応援しているブログ

   Like@Lunatic Blog
管理人:Seckyさん

   ∠夢幻
管理人:マリラブさん

   感染帝国
管理人:vyrus_empireさん

   ビバ!つぶやき日記!
管理人:masaさん

   ゲーム魔人
管理人:joker004さん

   閲覧者ゼロ
管理人:omuneさん

   泡沫HEAVEN
管理人:Hiroriさん

   3DSおすすめゲームソフト集
管理人:3DSおすすめゲームソフト集 管理人さん

   ゲーム通販Navi
管理人:悠さん

   へっぽこゲーマーのゲームプレイ日記
管理人:amadaさん

   ゲーマーによる色々ブログ
管理人:蒼のげーまーさん

   失変カフェ
管理人:光一さん

   ネタバレしないぉ!(`・ω・)ゲームプレイ日誌
管理人:ゆずなさん

   RPG速報
管理人:ホァンさん

   ゲームのアイデア書いてくよ!妄想話とプレイ日記
管理人:ぼんごれさん

   ゲーム探しの旅!!
管理人:kenkenさん

   お勧めニコニコ動画紹介
管理人:takeさん

   アニメ漫画速報
管理人:チサトさん

   ゲーム総合倉庫
管理人:げーむたろうさん

ゲーム 公式リンク
最新CM
[12/11 clintoncd60]
[12/10 JessieFathe]
[09/23 おうかみ]
[08/24 通りすがり@名無しさん]
[07/19 MOS-COS]
[02/08 MOS-COS]
[01/22 シンドラ]
応援バナー
迷宮クロスブラッド応援バナー 迷宮クロスブラッド応援バナー




携帯用バーコード
忍者ブログ [PR]