ゲームプレイ日記を書きつつ、皆様のご機嫌をうかがったり、自己満足に浸ったりするというコンセプト。5周年ですってよ、奥さん。
[776]  [775]  [774]  [773]  [772]  [771]  [770]  [769]  [768]  [767]  [766
昨日の新シリーズいかがだったでしょうか。とりあえずしばらく続けてみます。

個人的な話になりますが、毎日更新を目標としていますので、ああいう間を埋める枠があると本当に助かるのです。



では、どきどき魔女神判2(DUO)のゲームのプレイを続けます。

渚烈火調査の続きです。


■10日目 放課後 旧校舎エントランス



烈火:「西村…くん…?」



アクジ:「あ!ちょうどよかった!あのひめきっていう記者見なかったか?いつでも相談に乗るとか言ってたくせにどこにもいやしねえ。」

烈火:「今日は…まだ…。」

アクジ:「そうか。それで烈火、おまえは今日もパトロールか?それにしても…刀を持ってパトロールなんて、まるで時代劇だな。それって本物なんだよな?」

烈火:「ホノカ…それとムラクモ。共に…一族に伝わる名刀よ…。」

アクジ:「ほのかむらくも?なんか、小難しい名前だな。…もう1本はなんなんだ?」

烈火:「これは…母が…私のために…打ち直してくれた形見。元々は西洋の剣で…。」

アクジ:「あー、やめやめ!湿っぽい話はなしだ!余計な事聞いて悪かったな。とにかく、先生に没収されないように気をつけろよ。それにしても、わざわざ刀なんか…。」

烈火:「普通の武器じゃ…ダメなの…。この刀以外じゃ…勝てない敵が…いるわ。」

アクジ:「守る、闘うで今度は敵か?ちゃんと話せよ。おまえは一体何をしてるんだよ!?…っておい!おまえそこ血がにじんでるぞ!大怪我なんじゃねぇのか!?」

烈火:「騒がないで。平気だから。騒ぎにしないで。今…気を抜くわけにはいかないの。」

アクジ:「…わかったよ!それじゃ、なにかオレにできることはあるか?」

烈火:「ここから…離れて…みんなと…一緒にいて。見えないもの…知らないこと。…そっと、しておいて…。ここにも…もう、来ない方がいいわ。」

アクジ:「なんだそりゃ?」

烈火:「みんなを…この世界を守ること…それが…退魔師の一族として生まれた…私の使命。西村君…ありがとう…さようなら。」



なんかシリアスな感じはしますが、烈火がこれまでに出てきた女の子で一番危ない娘であるのもまた確か。

これでものすごい厨二病っていうオチはマジやめてほしいですが(笑)

このゲームはそれがありそうだから、本当に怖いな。

さて退魔師という新しいキーワードが出てきました。これは一体なんじゃろな。


■12日目 午前 校門前



ルル:「おお!狼少年よ。ようやく戻ってきたみたいですねー。」

アクジ:「ゆーま!お前帰ったんじゃなかったのか!?」

ゆーま:「西村さん…いえ、皆さんに伝えなくちゃいけないことがあって戻ってきたんです。」

アクジ:「なんだか、急ぎみたいだな。ここじゃなんだ。屋上へ行こうぜ?」


屋上へ

アクジ:「全員揃ったな。ちなみにころんは体調不良でしばらくは来れない。」



くれは:「そうなの?いつも元気なだけに心配ね。後でお見舞いにでも行こうかしら。」

アクジ:「おまえ、意外といいヤツなんだな?」

くれは:「わたしのことはいいのよ!さぁ、それで、話したいことっていうのはなにかしら?」

ゆーま:「西村さんから聞いていると思いますが…ボクの一族が、ずっと昔から闘い続けている悪い魔物がいます。」



かもめ:「その敵の名は幻妖斎…!NINJAタワーに巣食う悪の一味…。幻妖斎とは、ニンジャコンバットチームリーダーのジョー殿の宿敵。ジョーさんたちは、幻妖斎の忍者軍団と日夜戦いつづけているのです!まかせてちょうだい!」

アクジ:「知らねえっての!黙ってろ!とにかく…その魔物がこの街にもいるってことなんだな?」

ゆーま:「はい。街というよりは…この学園ですね。その魔物たちが、急激に強く変化しているんです。」

くれは:「魔物ねえ。信じないわけじゃないけど、そう言われても、生徒たちを非難させるわけにはいかないし。」

ゆーま:「5体いました。ルルさんの力を借りて、昨晩だけで5体倒しました。ただ、日ごとに数も増えてきているようで、これから先…みなさんを守りきれるかどうか…。」



なみ:「それって、ゆーまくんたちのおかげでボクたちは安全に学校に通っていられるってこと?」

くれは:「そういうことになるかしら。もう他人事なんて言っていられないわね。いいわ。わたしも協力させてもらいます。」



ソフィ:「それで、わたくしたちは何をお手伝いすればよろしいのでしょうか?」

ゆーま:「魔物が出現する以上、巣穴になる場所があるはずなんです。恐らく人の少ない場所に。みなさんにはそれを見つけ出してもらえれば…。」

アクジ:「それを封印するだけってことだな。」

ルル:「さぁ、それでは出発するのです。シモベとゆかいな仲間たちよ!」

アクジ:「出発はいいけどよ、魔女さがしの方はいいのかよ?」

ルル:「なにをのんきなことを…この非常事態に、天使界の命令などクソくらえなのです!つべこべ言わずにさっさと行くがいいですよ!」

アクジ:「相変わらず横暴だな…。あ、そうだ。ゆーま。その!魔物とやらは、普通の人間が倒すことができるのか?」

ゆーま:「とんでもないです!ボクたちでもせいいっぱいなのに…。恐らく天使剣を持っている西村さんでも相当苦戦します。ましてや、普通の人間じゃ。過去にそういう話を聞いたことはありますが…。運よく勝てたとしてもギリギリの戦いだと思います。いつ命を落としてもおかしくないくらいの。」

アクジ:「…そうか。」



あれ、このゲームの目的ってなんだっけ???

なんか目的が全力でおかしな方向に行っている気がしますが大丈夫でしょうか。

それにしても、ゆーまが助っ人の中で一番活躍してますね。他の奴ら(笑)

さて、ここから魔物の巣穴探しが始まります。まずは旧校舎です。

 

魔物の巣穴があるところを一筆書きで封印していきます。右の画像は封印した後、さらに双子の氷柱で固めたものです。

もう一箇所はプールです。

 

…それにしてもプールをまるごと固めるというのはいかがなものか。。。


■13日目 放課後 旧校舎エントランス

アクジ:「あれは…烈火?おい!ってお前のケガがひどくなっているじゃねぇか!?」

烈火:「西村君…忠告したのに…。私に近寄らないで。近寄ると…はぁぁぁああああッ!!!」

アクジ:「うわっ!いきなりなんだよ!?」

烈火:「わかったでしょ?これが…私の力…私の戦い…。次はきっと…ヤケドじゃ済まない…。もう私に近づかないで。」

アクジ:「おい待てって!…熱ッ!?服が焦げてる…今の攻撃はおどしか?それに、近づくなってどういうことだよ?」



ここで、焦げた制服の写真が手に入ります。



烈火という名前だけあって、炎使いなのかな?


■14日目 午後 旧校舎外観



ゆーま:「西村さん…。」

アクジ:「ゆーま?その姿ってことは戦いがあったんだな。相手は例の魔物か?」

ゆーま:「わかりません。魔物を倒した直後に襲われました。すさまじい使い手でした。まともに戦って勝てるかどうか…。」

アクジ:「待てよ!おまえでも勝てないって…魔物って、そんなに強いのかよ!?」

ゆーま:「いえ…気配はそっくりでしたが、相手は魔物ではありませんでした。ボクを襲った相手は…渚烈火さんです。」

アクジ:「バカ言うなよ!そんなハズないだろ?あいつはケガ人だぞ?それにあいつは普通の人間のはずなんだ。」

ゆーま:「これを…ボクとの戦いで、彼女が落としていったものです。」



ゆーま:「西村さん…相手は邪悪な気配を持った、ボクより強い魔物なんです。信じられないかもしれませんが、彼女はボクたちの知っている渚さんではありません。…くれぐれも油断だけはしないでください。」

アクジ:「…クロ。マーローくんを出してくれ。ハッキリさせたい。」

クロ:「はい、こちらでございますのです。」



アクジ:「今度は魔力反応あり…魔女神判オーケーか。結局、こうなっちまったか。」



ありゃ、なんかいきなり解決編に行ってしまったな。なんか雑な気がしますが…。

まぁいいか。

というわけで次回は戦闘パートまで行けるかな?


【今日も迷宮を往く どきどき魔女神判2(DUO) カテゴリー】

次の記事 : どきどき魔女神判2(DUO) 37タッチ目 「円卓の魔女」
前の記事 : どきどき魔女神判2(DUO) 35タッチ目 「魔女確率という謎要素」
初回記事 : どきどき魔女神判2(DUO) 1タッチ目 「本能の赴くままタッチせよ!」 

©SNK PLAYMORE

拍手[5回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ごあいさつ
今日も迷宮を往くへようこそ☆
初めての方はこのブログについてをご覧ください。

もしよければブックマークしていただけますと光栄です。
Web拍手もクリックしていただけるととても嬉しいです。

相互リンク募集中です。詳しくは、このブログについて
もしくは相互リンクについてをご覧ください。


【現在プレイ中のゲーム】
 ・ ドラゴンクエスト10
 ・ KOWLOON'S GATE -九龍風水傳-

 ・ 時の継承者 ファンタシースターⅢ (休止中)


【プレイが終了したゲーム】
 ・ 熱闘!パワフル甲子園
 ・ 邪聖剣ネクロマンサー NIGHTMARE REBORN
 ・ ぷよぷよ!
 ・ PORTAL 2
 ・ 極限脱出 9時間9人9の扉
 ・ どきどき魔女神判!
 ・ 光の4戦士
 ・ GOLDENEYE OO7
 ・ inFAMOUS 2
 ・ イケニエノヨル
 ・ 聖闘士星矢戦記
 ・ あやかしがたり
 ・ NEVER DEAD
 ・ MYSTIC QUEST
 ・ マージャン★ドリームクラブ
 ・ ロストヒーローズ
 ・ LOLLIPOP CHAINSAW
 ・ STREETFIGHTER X MEGAMAN
 ・ GHOST TRICK
 ・ 迷宮クロスブラッド
 ・ 真・三國無双7
 ・ ブレスオブファイアⅢ
 ・ ファンタシースター
 ・ どきどき魔女神判2(DUO)
 ・ R?MJ -THE MYSTERY HOSPITAL-
 ・ 零 眞紅の蝶
 ・ ファンタシースターⅡ 還らざる時の終わりに
 ・ 実況パワフルプロ野球2013
 ・ ネクロネシア
 ・ 厄痛 ~呪いのゲーム~
 ・ 快速天使
 ・ THE WITCHER2 王の暗殺者
 ・ おさわり探偵 小沢里奈3 ライジング
 ・ スポア キミがつくるヒーロー
 ・ The Path
 ・ ライトクルセイダー
 ・ MURDERED 魂の呼ぶ声
 ・ DARKSIDERS ~ 審判の時 ~
 ・ ロストヒーローズ2 (無期限凍結)
 ・ ファイアーエムブレム 蒼炎の軌跡
 ・ Neverending Nightmares
 ・ ルナティックドーン 前途への道標
 ・ Child of Light
ブログランキング
【ブログランキング参加中 ポチッとよろしく】

Ctrlボタンを押しながらクリックで楽チン投票♪

blogramによるブログ分析





人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム評論・レビューへ
にほんブログ村





アクセスランキング
プロフィール
HN:
SNG(Polly_Sienko)
性別:
男性
自己紹介:
とにかくゲームが好きなおっさんです。ジャンルは基本的に問いません。何でもやります。一緒にゲームの話題について盛り上がりましょう。

【管理人へのお問い合わせはこちらから】
相互リンク 受付中でございます。


カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
アーカイブ

カテゴリー
ブログ内検索
応援しているブログ

   Like@Lunatic Blog
管理人:Seckyさん

   ∠夢幻
管理人:マリラブさん

   感染帝国
管理人:vyrus_empireさん

   ビバ!つぶやき日記!
管理人:masaさん

   ゲーム魔人
管理人:joker004さん

   閲覧者ゼロ
管理人:omuneさん

   泡沫HEAVEN
管理人:Hiroriさん

   3DSおすすめゲームソフト集
管理人:3DSおすすめゲームソフト集 管理人さん

   ゲーム通販Navi
管理人:悠さん

   へっぽこゲーマーのゲームプレイ日記
管理人:amadaさん

   ゲーマーによる色々ブログ
管理人:蒼のげーまーさん

   失変カフェ
管理人:光一さん

   ネタバレしないぉ!(`・ω・)ゲームプレイ日誌
管理人:ゆずなさん

   RPG速報
管理人:ホァンさん

   ゲームのアイデア書いてくよ!妄想話とプレイ日記
管理人:ぼんごれさん

   ゲーム探しの旅!!
管理人:kenkenさん

   お勧めニコニコ動画紹介
管理人:takeさん

   アニメ漫画速報
管理人:チサトさん

   ゲーム総合倉庫
管理人:げーむたろうさん

ゲーム 公式リンク
最新CM
[06/21 Ann Weaver]
[06/16 Charlesgog]
[06/10 diannxa60]
[06/08 ARTkeve]
[02/08 MOS-COS]
[01/22 シンドラ]
[01/19 masa ]
アンケート など
応援バナー
迷宮クロスブラッド応援バナー 迷宮クロスブラッド応援バナー




携帯用バーコード