忍者ブログ
ゲームプレイ日記を書きつつ、皆様のご機嫌をうかがったり、自己満足に浸ったりするというコンセプト。更新をやめて放置プレイ中。
[1031]  [1030]  [1029]  [1027]  [1026]  [1025]  [1024]  [1023]  [1022]  [1021]  [1020
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

これまでの人生、あまり花粉症というものに苦労してこなかったのですが、ついにうまく付き合わなくてはいけない時が来たようです。

あー、目がかゆい!痒いぞぉおおおおおっ!!!


THE WITCHER2 王の暗殺者のゲームのプレイをしていきます。



今回はついにケイドウェンの呪いの霧をなんとかしちゃいます。行くぜぇ!

暗殺者のアジトでの出来事をデスモルドに報告します。


デスモルド:「どうだった?」

ゲラルト:「殺されていた。シレの仕業だろう」

デスモルド:「あのビッチめ!今はもう霧の向こうだろう。よし、ウィッチャー、我々でこの忌々しい呪いを解いてやろうではないか。王から君のメダルを預かっている。必要なのだろう。これだ…」

ゲラルト:「よし。これで、呪いを解くためのアーティファクトは全て手に入った」

拍手[7回]


デスモルド:「これで今すぐにでもエイダーンと戦える。そして君は記憶を取り戻す」

ゲラルト:「どの亡霊か探すのにあんたの助けが必要だ」

デスノルド:「アーティファクトのオーラが呼び寄せてくれるだろう。やつらに考えさせろ。話をして行動する間にどうすべきかわかる。それだけじゃないぞ、ゲラルト。戦場を透視してみたんだが、他の奴らと違う亡霊がいた。きっと変異か何かだろう」

ゲラルト:「ドラウグだ、やはりな」

デスノルド:「気を付けろよ、ウィッチャー」


これで霧の中に突入する準備が整いました。

ここでの会話で霧の中で何をすべきかという事がわかります。

霧に入ると、ゲラルトエイダーン兵の亡霊が憑りつきます。



決して怪しい絵面ではありませんよ。

デスモルド「やつらに考えさせろ」と言われましたが、戦場の霊に憑りつかれる事で、魂の記憶に案内させるという作戦です。しばらくゲラルトは憑依され続けることになります。ウィッチャーにはイタコの才能もあるようです。




①エイダーン兵に憑りつきケイドウェン軍の軍旗を奪う
②ケイドウェン兵に憑りつき自軍指揮官に対して軍旗を奪われたと報告にいく


かつての戦場で起こった事をトレースしているようです。ちなみにこちらの軍旗はダン・バナーの隊旗と同じものとなります。アーティファクトの1つですね。

大きくシナリオが動くのは②のイベントで、ケイドウェン軍のヴァンダーグリフト将軍の下へと向かった時となります。ヴァンダーグリフトの剣アーティファクトの1つでしたね。



ヴァンダーグリフトは既にドラウグと化しており、人の姿をしていません。その近くにはサブリナ・グレヴィッシグも居ます。


兵士(ゲラルト):「ダン・バナーのリーダーの命令で参りました。奇襲です!もう無理です!」

ヴァンダーグリフト:「おまえたちは戦場を見張っていたやつらか?」

兵士Ⅱ:「そうです!やつらは夜のうちに溝を掘っていたに違いありません。レディ・グレヴィッシグが夜の間、戦場を走査しました」

ヴァンダーグリフト:「偵察者1人につき鞭打ち10回、3人は絞首刑だ」

兵士(ゲラルト):「援軍が必要です!」

ヴァンダーグリフト:「援軍は来ない!持ちこたえるんだ!グレヴィッシグ…戦いが終われば思い知らせてくれる。王もお前の無能を知るだろう」

サブリナ:「戦いの勝敗は指揮官の責任よ!魔術師のせいにしないで!覚えておきなさい、私もあなたのことを…」

ヴァンダーグリフト:「もうお前と話すことなどない!勝利のときが来た、陛下!旗の下へ馳せ参じます!」

サブリナ:「こんな仕打ちは許さない!絶対に後悔させてやるわ!」


どうやらサブリナが狂う前の出来事のようです。

ヴァンダーグリフトと何やらもめていますが、この喧嘩が後の騒動に繋がっているのは間違いなさそうです。

ヴァンダーグリフトは勝手に戦場へと戻って行き、一方サブリナは…



魔術で他の魔術師とコンタクトをとり作戦会議のようです。


フィリパ:「私たちが助けるわ、サブリナ」

サブリナ:「私の地位が危ない。それ以上にヴァンダーグリフトが勝利すればヘンセルトが上エイダーンを奪うのは防げないわ」

フィリパ:「北部の権力バランスが崩れるかもしれない。どうするつもり?」

サブリナ:「『メルガーの炎』を戦場に召喚するわ。ヴァンダーグリフトを殺し、両陣営を弱体化させる」

フィリパ:「特殊な『兵器』を使用すると非難されるかもしれないわね」

サブリナ:「分かっているわ」

フィリパ:「ヘンセルトの覇権主義は会の意向に反する。力を貸すわ。でも失敗したら自分で責任を取るのよ」

サブリナ:「わかったわ」


「メルガーの炎」というのがこの戦いで両陣営を焼き尽くした魔法のようです。サブリナの独断のように言われていましたが、しっかりと女魔術師会で相談して決めていた事が判明しました。

女魔術師会ヘンセルト王の侵略をよく思っていないみたいですね。その中にちゃっかりシレの姿もあることから、彼女は最初から裏切るつもりでヘンセルト王に近づいたのでしょう。


今度はエイダーンの将軍であるセルトカークの亡霊に憑りつかれます。



この派手な鎧に見覚えのある方もいらっしゃるかと思います。

…顔怖っ!

なんか顔の皮が剥げたターミネーターに似てますよね。

ケイドウェン兵の亡霊や幽鬼を斬り伏せて先に進むと、ドラウグと化したヴァンダーグリフトを対峙します。


セルトカーク:「再びあいつと会えるのを待ち望んでいた」

ゲラルト:「立ち去れ、亡霊」

セルトカーク:「ヴァンダーグリフトと戦える好機だ」

ゲラルト:「殺されるぞ」

セルトカーク:「セルトカークは死を恐れぬ!」

ゲラルト:「お前が死ねば部下達も殺される、永久にな…。立ち去れ!これはウィッチャーの仕事だ」

セルトカーク:「部下のために戦う…」


ここからがこのイベントのメインとなります。

これまで亡霊に化けていたので印や霊薬が使えませんでしたが、ここで操作プレイヤーがゲラルトに戻ります。やっと大暴れできるぜ。

まずヴァンダーグリフトの旗手と戦い、その後、ヴァンダーグリフトとの戦いとなります。



前座の旗手は大したことないのですが、その後のヴァンダーグリフト強敵です。

遠くにいる弓兵が矢を放って来たり、竜巻と化して突進してきたり、サブリナの火の玉をこちらにぶつけてきたりと、とにかく攻撃方法が豊富です。

またこちらの攻撃が通りにくいので、まずは盾を狙って破壊します。

大正義イャーデンの印は有効ですが、なかなか引っかかってくれない上に、硬直時間が短いのでなかなか決定打に繋がりません。でも使いますけどね(笑)

時間はかかりましたが、なんとか倒すことができました。


セルトカーク:「この火の雨はなんなのだ…家に居ればよかったよ…。ヴァンダーグリフトを倒して戦いに勝ったのに…私は死ぬのか…?くそっ…あんな魔法には勝てない!」




司祭(の亡霊):「魔法の霞!悪魔の炎!俺たちはもう終わりだ!」

兵卒(の亡霊):「どうしてこんな事に?」

司祭:「予言者はこう言った。『女魔術師が人間を攻撃し、炎の弾が空から降り注ぎすべてが破壊される』と」

兵卒:「どうすればいい?ただ死ぬのを待つだけか?」

司祭:「羊飼いが羊の群れを導くように深淵から安全に導いてやろう」


最後に司祭の亡霊に憑りつかれ、霧から脱出します。

そして、霧の外にいるヘンセルト王サブリナの下へ伝令へ向かいます。


司祭:「攻撃やめ!もう無理です!お願いです!援軍を!」

ヘンセルト:「サブリナ、これはお前の仕業か?」

サブリナ:「閣下、部隊を進めて下さい。エイダーン軍は退却しています」

ヘンセルト:「エイダーン軍だけじゃないぞ。みんな恐れをなして逃げていくではないか」

サブリナ:「援軍を送れば勝てます」

ヘンセルト:「誰が魔法を使えと言った?」

サブリナ:「閣下、今攻撃すればローマークは陥落します!」

ヘンセルト:「お前は何十人という騎士を死に追いやり、私の名声に傷をつけた…」

サブリナ:「敗北は必至でしたが…」

ヘンセルト:「デマヴェンドの兵は忠義心を持って戦った。なのにお前はわたしに恥をかかせた。サブリナ・グレヴィッシグ…お前を火あぶりの刑に処する!」



………。



……。





1270年7月25日 アングレンの森

「逞しい人間も肉の山も怪力男もスライザーフォの尾の一撃をかわすことはできない…」

レソでも無理だった だが奇跡的に奴は生き延びた

俺は彼を助けた やはりウィッチャー同士は助け合うべきだ

彼には2人の仲間がいた <蛇>の学舎の同胞たちだ



<魔軍>は南に進み続けていた レソは奴らの目的地を知っていた

地獄の狩りが終わる場所を



………。



……。





ダンディリオン:「おお…目が覚めたな」

ゲラルト:「ここは?売春宿か…?なぜ、俺はここに?」

ダンティリオン:「戦場で意識を失っている所を保護されたんだよ」

ゲラルト:「霧は…?」

ダンティリオン:「消えたよ、3日目だ」

ゲラルト:「そうか…3日も…」

ダンティリオン:「ああ、ロッシュはケイドウェンの野営地に秘密任務の為に潜り込んでいた。だが何とか抜け出してきたよ」

ゲラルト:「セドリックは正しかった。亡霊の戦いの力のお蔭で記憶が戻りつつある」

ダンティリオン:「つまりリヴィアのゲラルトの叙情詩が増えるって事だな?」

ゲラルト:「<魔軍の騎行>の遺跡を助けてくれたやつを思い出した。フォルテスト王殺しのレソ…やつの命を救った。そしてやつは魔軍の居場所を知っていた。イェネファーはどうなったかわからん」

ダンティリオン:「なるほどな」

ゲラルト:「俺が寝ている間何があった?」

ダンティリオン:「君は亡霊の霧を晴らした。ヘンセルトは暗殺計画を知り、デスモルドはキレた。ヘンセルトは彼が暗殺計画を知りながら伝えなかったと言って叱り飛ばし、共謀者を捕らえられなかったと言ってまた叱責した」

ゲラルト:「あいつは野心家だ。ストレスでやられているかもしれない」

ダンティリオン:「容疑者全員がその『野心家』に捕まったよ。今、彼らを尋問し絞首刑にしているところだ」

ゲラルト:「行き詰った時にあいつが取る方法だ。ヘンセルト王はなぜ攻撃を待っていた?」

ダンティリオン:「ケイドウェンの貴族や将校たちは特権を求めている。彼らはニルフガードと協定を結ばない事とポンター谷に土地を持たせる事を要求している」

ゲラルト:「ヘンセルトは同意したのか?」

ダンティリオン:「まさか!彼は激怒したよ。大声でわめきたて、彼らを臆病者と呼んだ。だが彼は貴族たちを無視する事はできなかった。そんな状態が3日間続いた。最終的に彼は軍を説得しヴァージェンに行軍を開始した。恐らく今頃戦いが始まっているだろう」

ゲラルト:「暗殺計画の首謀者は分かったか?」

ダンティリオン:「ブライトフェルトとケインゴーンのキリム、そしてグナール・ブレケンホーヴとその取り巻きが捕まった。それ以上のことは知らないが、計画の首謀者がどこに隠れているかは知っている」

ゲラルト:「どういう事だ?」

ダンティリオン:「買収宿はやるだけの場所じゃないって事だ。口笛ウェンディが話しているのを聞いたよ。誰と話していたかは分からないが、そいつがこう言うのをはっきり聞いた。『今日崖の上の小屋でボスと詳しい内容を話す』って」

ゲラルト:「わかった…行ってみる…。ダンティリオン、お前は逃げろ。ここは危ない」


一気にシナリオを進めましたが、少し整理を。

サブリナは火の玉を降らせたあと、「勝てる」と嘘をつき、ケイドウェン軍に進軍させて全滅させようと目論みましたが、失敗に終わり、火あぶりにされてしまいました。結局、「メルガーの炎」は威力が強すぎたわけですね。

そして、またゲラルトが記憶を取り戻しました。以前、レソゲラルトに借りがあると言っていた出来事のようです。暗殺者の2人も、あっさりと死にましたが昔からの知り合いだったようです。

3日間眠っている間に色々動きがあったようです。

まずは暗殺計画の首謀者とやらに会いに行くとしましょう。



【今日も迷宮を往く THE WITCHER2 王の暗殺者 カテゴリー】

次の記事 : THE WITCHER2 王の暗殺者 プレイ日記29 「陰謀の理論」
前の記事 : THE WITCHER2 王の暗殺者 プレイ日記27 「暗殺者の記憶」
初回記事 : THE WITCHER2 王の暗殺者 プレイ日記1 「ゲームをインストールする」

©The Witcher is a trademark of CD Projekt RED sp. z o.o. The Witcher game CD Projekt RED sp. z o.o. All rights reserved.

The Witcher game is based on the prose of Andrzej Sapkowski. All other copyrights and trademarks are the property of their respective owners.
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ごあいさつ
今日も迷宮を往くへようこそ☆
初めての方はこのブログについてをご覧ください。

もしよければブックマークしていただけますと光栄です。
Web拍手もクリックしていただけるととても嬉しいです。

相互リンク募集中です。詳しくは、このブログについて
もしくは相互リンクについてをご覧ください。


【現在プレイ中のゲーム】
 ・ ドラゴンクエスト10
 ・ KOWLOON'S GATE -九龍風水傳-

 ・ 時の継承者 ファンタシースターⅢ (休止中)


【プレイが終了したゲーム】
 ・ 熱闘!パワフル甲子園
 ・ 邪聖剣ネクロマンサー NIGHTMARE REBORN
 ・ ぷよぷよ!
 ・ PORTAL 2
 ・ 極限脱出 9時間9人9の扉
 ・ どきどき魔女神判!
 ・ 光の4戦士
 ・ GOLDENEYE OO7
 ・ inFAMOUS 2
 ・ イケニエノヨル
 ・ 聖闘士星矢戦記
 ・ あやかしがたり
 ・ NEVER DEAD
 ・ MYSTIC QUEST
 ・ マージャン★ドリームクラブ
 ・ ロストヒーローズ
 ・ LOLLIPOP CHAINSAW
 ・ STREETFIGHTER X MEGAMAN
 ・ GHOST TRICK
 ・ 迷宮クロスブラッド
 ・ 真・三國無双7
 ・ ブレスオブファイアⅢ
 ・ ファンタシースター
 ・ どきどき魔女神判2(DUO)
 ・ R?MJ -THE MYSTERY HOSPITAL-
 ・ 零 眞紅の蝶
 ・ ファンタシースターⅡ 還らざる時の終わりに
 ・ 実況パワフルプロ野球2013
 ・ ネクロネシア
 ・ 厄痛 ~呪いのゲーム~
 ・ 快速天使
 ・ THE WITCHER2 王の暗殺者
 ・ おさわり探偵 小沢里奈3 ライジング
 ・ スポア キミがつくるヒーロー
 ・ The Path
 ・ ライトクルセイダー
 ・ MURDERED 魂の呼ぶ声
 ・ DARKSIDERS ~ 審判の時 ~
 ・ ロストヒーローズ2 (無期限凍結)
 ・ ファイアーエムブレム 蒼炎の軌跡
 ・ Neverending Nightmares
 ・ ルナティックドーン 前途への道標
 ・ Child of Light
プロフィール
HN:
SNG(Polly_Sienko)
性別:
男性
自己紹介:
とにかくゲームが好きなおっさんです。ジャンルは基本的に問いません。何でもやります。一緒にゲームの話題について盛り上がりましょう。

【管理人へのお問い合わせはこちらから】
相互リンク 受付中でございます。


カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
アーカイブ

カテゴリー
ブログ内検索
応援しているブログ

   Like@Lunatic Blog
管理人:Seckyさん

   ∠夢幻
管理人:マリラブさん

   感染帝国
管理人:vyrus_empireさん

   ビバ!つぶやき日記!
管理人:masaさん

   ゲーム魔人
管理人:joker004さん

   閲覧者ゼロ
管理人:omuneさん

   泡沫HEAVEN
管理人:Hiroriさん

   3DSおすすめゲームソフト集
管理人:3DSおすすめゲームソフト集 管理人さん

   ゲーム通販Navi
管理人:悠さん

   へっぽこゲーマーのゲームプレイ日記
管理人:amadaさん

   ゲーマーによる色々ブログ
管理人:蒼のげーまーさん

   失変カフェ
管理人:光一さん

   ネタバレしないぉ!(`・ω・)ゲームプレイ日誌
管理人:ゆずなさん

   RPG速報
管理人:ホァンさん

   ゲームのアイデア書いてくよ!妄想話とプレイ日記
管理人:ぼんごれさん

   ゲーム探しの旅!!
管理人:kenkenさん

   お勧めニコニコ動画紹介
管理人:takeさん

   アニメ漫画速報
管理人:チサトさん

   ゲーム総合倉庫
管理人:げーむたろうさん

ゲーム 公式リンク
最新CM
[09/23 おうかみ]
[08/24 通りすがり@名無しさん]
[07/19 MOS-COS]
[02/08 MOS-COS]
[01/22 シンドラ]
[01/19 masa ]
[01/17 MOS-COS]
応援バナー
迷宮クロスブラッド応援バナー 迷宮クロスブラッド応援バナー
携帯用バーコード
忍者ブログ [PR]